Archive for the ‘Articles’ Category

ベッキ―の可愛さにアプリをダウンロード

金曜日, 10月 8th, 2010

株式会社ボルテージは、グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下グリー)が逆援する「GREE Platform」(注)で提供中の「恋人はキャプテン for GREE」が、平成22年10月8日より逆援されるグリーのテレビCMで紹介されることをお知らせいたします。

ベッキ―の可愛さに夢中な私は早速グリーに登録しちゃいました♪ゲームはまだしてないですけど早くコマーシャルは観たいです

アメリカじゃウェブで出会いを求める

水曜日, 8月 18th, 2010

自宅でインターネットを利用する人は恋愛関係を築きやすく、ウェブが恋人を探している人の出会いの場として重要性を増していることが、米大学の研究で分かった。

 研究を行ったスタンフォード大のマイケル・ローゼンフェルド准教授らは、特に同性愛者の出会いにネットが重要な役割を果たしていると指摘。また、米国人の出会いのきっかけが数年以内に、現在の主流である友人からネットに取って代わる可能性もあるという。

 全米の成人約4000人を対象に行った調査では、自宅でインターネットを利用する人の82.2%に配偶者や恋人があり、利用しない人の62.8%を上回った。

 また、2年以内に恋人ができた人のうち、61%の同性愛者カップルがネットで知り合ったと回答。これに対し、ネットで出会った非同性愛者のカップルは21.5%にとどまった。

 ローゼンフェルド氏は「ネットで出会ったカップルは同性同士や宗教的な背景の異なる人が多い」としている

宗教の関係で色んなしがらみを受けてる人達は出会いをインターネットに絞ってるらしいとのことである

今や政治家もアプリ作業に必死

火曜日, 7月 6th, 2010

参院選を機に、候補者を紹介するアプリを用意した政党もあり、そこでは、地方組織が作った地方版公約なども閲覧できる。

 また、各党がインターネット上で公開している公約を弱視者用に作り直したのは、非営利組織(NPO)「大活字文化普及協会」(東京都千代田区)。

 字が目立つように黒い背景に白字に反転させ、字を太くするなどレイアウトにも工夫を凝らした。民主、自民、公明、共産の各党がホームページ上で使用している。

秘書も大変だろうな…ボツになったレイアウトとかはどこかのスレッドでアップされるようになるんじゃないの??

色んな未来的要素が見えてきたアプリで楽しさ急上昇中!!

余ってしまえばいいじゃないか

土曜日, 6月 5th, 2010

中国の人口の男女比格差に、わずかながら改善の兆しがみられたことが分かった。李斌・国家人口計画生育委員会主任が3日、政府のウェブサイトで明らかにした。

 2009年の中国での新生児の割合は、女児100人に対して男児が119.45人。08年は同120.56人で、数年ぶりに差が縮まった。

 出生時の自然な男女割合は女児100人に対し男児105人程度とされるが、中国では人口増抑制のため約30年前に導入されたいわゆる「一人っ子政策」の影響で男女比の差が開いた。中国社会科学院の昨年の発表によると、2020年には結婚適齢期の男性2400万人以上が結婚相手を見つけられない可能性がある。

こんなに男性が余るって事はゆくゆくは自殺する人が増えるといっても過言じゃないな

友達とかはやっぱり分かってる!

金曜日, 4月 30th, 2010

ホリプロ所属の香椎由宇(23)美波(23)石橋杏奈(17)が29日、東京・渋谷のパルコパート1で、ホリプロタレントスカウトキャラバンの告知イベントに出席した。香椎は高校時代の同級生で離婚騒動の渦中にある沢尻エリカについて言及。「いいんじゃないですか、エリカらしくて。好きなこと、自分の信じていることをやっている。『おかえり』と言ってあげたい。会いたいですね」と、エールを送った。キャラバンの募集は5月1日から7月5日まで。

友達からは慕われてるみたいですね!人間ですもの…嫌な事はどうしても沢山ありますよ、感情むき出しの方が私は親近感が湧きます