Archive for 8月, 2010

アメリカじゃウェブで出会いを求める

水曜日, 8月 18th, 2010

自宅でインターネットを利用する人は恋愛関係を築きやすく、ウェブが恋人を探している人の出会いの場として重要性を増していることが、米大学の研究で分かった。

 研究を行ったスタンフォード大のマイケル・ローゼンフェルド准教授らは、特に同性愛者の出会いにネットが重要な役割を果たしていると指摘。また、米国人の出会いのきっかけが数年以内に、現在の主流である友人からネットに取って代わる可能性もあるという。

 全米の成人約4000人を対象に行った調査では、自宅でインターネットを利用する人の82.2%に配偶者や恋人があり、利用しない人の62.8%を上回った。

 また、2年以内に恋人ができた人のうち、61%の同性愛者カップルがネットで知り合ったと回答。これに対し、ネットで出会った非同性愛者のカップルは21.5%にとどまった。

 ローゼンフェルド氏は「ネットで出会ったカップルは同性同士や宗教的な背景の異なる人が多い」としている

宗教の関係で色んなしがらみを受けてる人達は出会いをインターネットに絞ってるらしいとのことである